2014年11月23日日曜日

反日:闇社会の守護神、田中森一氏が死去。

http://surouninja.blogspot.jp/2014/11/Morikazu-Tanaka-the-anti-Japan-underground-lawyer-has-died.html
闇社会の守護神」と呼ばれた男、田中森一元特捜検事(71)が22日(2014年11月22日)、都内の病院で死去したとのことである。

http://www.sankei.com/west/news/141122/wst1411220041-n1.html
2014.11.22 13:49更新

「闇社会の守護神」と呼ばれて… 元特捜検事の田中森一氏死去

 特捜検事から弁護士に転身した後、手形詐欺事件で実刑判決が確定、服役した田中森一氏が22日朝、胃がんの治療で入院していた東京都内の病院で死去した。71歳。長崎県平戸市出身。葬儀・告別式は未定。

 田中氏は、岡山大在学中に司法試験に合格し、昭和46年に検事任官。大阪、東京両地検の特捜部に所属し、「特捜のエース」として数々の疑獄事件などを手がけた。

 昭和63年に弁護士に転身後は、山口組などの暴力団幹部や総会屋など、いわゆる裏社会に属する人物の顧問弁護士を多く務め、“闇社会の守護神”とも呼ばれた。
 平成12年には、大阪の中堅商社から多額の資金が流出した「イトマン事件」などで実刑判決を受けた許永中・元受刑者とともに、石油卸商社「石橋産業」側から約179億円の約束手形を詐取したとして、東京地検特捜部に逮捕、起訴され、実刑判決を受けた。

反日勢力に対する世界からの包囲網が着実に固まり、在日特権の終焉ももはや時間の問題となった今、在日フィクサー「許永中」とも関係が深い同氏の逝去は、果たして偶然だったのだろうか。

参考:
2014年11月20日木曜日
反日反米:オバマ移民制度改革の背後。
2014年11月13日木曜日
株式含み益課税:世界に広がる在日包囲網。
2014年10月10日金曜日
「外国人の扶養控除」という在日特権。

なお、田中森一氏の此れまでの経歴や仮釈放後の活動からも判断しても、彼が反日勢力(中共)のスパイであったことは容易に想像がつくわけである。

 医療刑務所でがんと診断され、24年11月に仮釈放された後は、孔子の論語の教えを広める活動をしていた。

参考:
http://www.j-cast.com/2014/10/03217606.html
日本にもある中国政府肝いりの「孔子学院」 北米で次々閉鎖、「スパイ機関」の疑い濃厚
2014/10/ 3 19:44

中国政府が、中国語や文化教育を広めるため世界各地で設置している「孔子学院」。日本でも、立命館大学や桜美林大学など数校の大学キャンパス内に開設されている。

最近になって米国では、孔子学院の閉鎖が相次いでいる。かねてから根強かった、中国当局の「スパイ機関」という疑念が強まっているようだ。

大学名はついているが中国政府が資金提供、講師派遣

孔子学院は2004年に韓国で初めて開校。日本では2005年設立の「立命館孔子学院」が最初だ。日中の大学が提携する形で、日本の大学内で運営されている。例えば立命館大は北京大と、桜美林大は同済大(上海)と、関西外語大は北京語言大とそれぞれ提携し、中国語や中国文化の教育が行われている。早稲田大学のように、研究事業を主目的とする孔子学院を開いた例もある。

2013年度時点で、世界120か国・地域で440校の孔子学院が運営されているが、ここに来て米国で閉鎖決定が相次いだ。口火を切ったのはシカゴ大学だ。2014年10月2日付の米ウォールストリートジャーナル日本語電子版によると、同大は9月29日、孔子学院との5年契約を更新しなかった。米国大学教授協会(AAUP)が6月、全米の大学に対して孔子学院の契約の継続を検討するよう申し入れていた。中国政府の意向を強く反映している運営体制が、大学における学問の自由を脅かすというのだ。

孔子学院 - Wikipedia
。孔子の名を冠しているがあくまでも語学教育機関であって、儒学教育機関ではない。
2010年にアメリカカリフォルニア州ハシエンダハイツ市の中学校に「孔子学院(「孔子学堂)」が開設される際、地域住民より孔子学院は国策事業であり、孔子学院を通じて共産主義に依拠した教材で生徒を洗脳するものであり、米国の利益を擁護するため黙認できないと批判され波紋が広がっている。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8534718.html
★中国共産党と孔子について

質問者:gusin
投稿日時:2014/03/30 13:07

中国共産党は孔子をどのように評価していますか?

回答者:kusirosi
回答日時:2014/03/30 13:52

.文化大革命の時代には「批林批孔」というスローガンが示すように儒教と孔子は共産主義のイデオロギーと対立する思想として、徹底的に排斥されましたが,現代では,共産党につごういい解釈で、評価宣伝されている。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12104128082
中国や韓国の人が敬う『儒教』って、根本的に間違ってる哲学思想なんですか?
よく儒教的なしがらみで発展出来ないとか、儒教精神が強くて大変とか話題に出ています。
nskyjp8さん

2013/3/2017:35:36

儒教の弊害の問題は、儒教の誕生のすぐ後に指摘されてきました。

箇条書を覚えるモラル形成は、それを利用したり、歪曲した理解によって、間違った方向性を持つと言う性質があります。

宗教を利用して殺害するに似ています。(宗教って幸せの為にあるはず…)

土台に嘘が蔓延した社会では、害が大きくなりました。病んだ土壌から病んだ物が誕生したのです。

例えば韓国の宗教は、紛い物ばかりです。キリスト教さえ偽物です。空箱を盗んで来たガラクタ文化なのです。



意外に思う人も居るかも知れないが、田中森一氏は、あの清和会とも繋がりの深い人物でもあったわけである。

清和会という、嘗ては安倍晋三氏も関与した保守系勢力に田中森一氏のような反日スパイ臭い人物が関与していたという事実を見ても、日本の政治が今まで如何に脆弱であったかも分かるというものである。まぁ清和会では、森喜朗や福田康夫といった“アカい大陸主義勢力”が力を持っていたわけで、そこに身をおきながら日米同盟強化に動くことは、ある意味では自殺行為だったのかも知れない。これでは身内から一服盛られても全く不思議ではあるまい。

とはいえ、最近の安倍氏の動きを見ると、派閥政治を否定して清和会から距離をおき、また、嘗ては反共で共闘した韓国との関係をようやく絶とうとしていることが分かる。韓国は今や“反共”などではなく、“容共”ないし“共産主義国家そのもの”に成り下がっているからだろう。それは清和会という派閥にも同じことが謂える。

そして、今や米国でさえ、中共に擦り寄る韓国を切り捨てる方向に動いている。この“韓国切り捨て”の動きは、日米共通の動きであり、世界的な潮流とも謂えるだろう。

参考:
2014年7月17日木曜日
安倍首相による事実上の韓国崩壊黙認宣言。

先週「テロ関連3法案」が成立したことで、国内で蠢動する反日勢力の壊滅はもはや“待ったなし”の状態となっていたわけだが、今回“闇社会の守護神”が「死人に口なし」状態となったことで胸を撫で下ろしている輩が少なからず居ることは間違いないだろう。