2013年7月2日火曜日

国内の混乱の解消に向けた打開策提示を求めるエジプト軍の要求をムルシ大統領が拒否。矢張り軍事クーデターは近そうだね。

http://surouninja.blogspot.jp/2013/07/blog-post_2.html
エジプト軍が48時間以内に大規模デモなどの国内の混乱の解消に向けた打開策の提示をムルシ大統領に求めたのに対し、ムルシ大統領は本日(2013年7月2日)、軍の要求を事実上拒否したとのことである。



2013/7/2 11:57
エジプト大統領、軍の要求を拒否 対立先鋭化へ - 日経新聞
 【カイロ=押野真也】エジプトの大統領府は2日未明(日本時間同日午前)に声明を発表し、48時間以内に大規模デモなど国内の混乱の解消に向けた打開策の提示を求めた軍の要求を事実上拒否した。軍は期限を過ぎれば自らが主導して打開策を模索するとしており、政権側と軍との対立が先鋭化する可能性が高まってきた。


2013年7月1日月曜日
トルコに続き、エジプトでも世俗派による大規模な反政府デモが発生している様だが。
http://surouninja.blogspot.jp/2013/07/blog-post.html
ムルシ大統領の首元には“米傀儡のエジプト軍”と軍の介入を支持する“世俗派”というナイフが突き付けられている状態であり、此等はムルシ政権を操縦するのに十分である。いざとなればムルシ政権は軍事クーデターであっさりと転覆させられることになるだろう。

まぁ俺が予想していた通り、エジプトの“軍事クーデター勃発”は時間の問題だろうな。

今後軍部が動けば、ムバラク前大統領の残党勢力も復活し、最終的にはエジプトが再び親米国家となると見ている。ムバラク政権最後の首相、アフマド・シャフィクが軍部の支援の下で再び政権を握るかも知れない。

2012年5月29日   田中 宇
エジプトがムバラク時代に戻るかも
シャフィクは40年間、ムバラクの忠実な部下としての人生を送ってきた。彼は今回の大統領選挙に際しても、ムバラクを公然と支持し、ムバラクを追放した民衆革命の意志を受け継ぐと言いつつも、ムバラクは自分にとって模範となる存在だと述べている。
シャフィクは、在エジプト米国商工会議所での演説会で「同胞団は秘密の武装勢力を持っている。私が大統領になったら、彼らを武力で厳しく弾圧する」という趣旨の発言を行い、それを聞いた聴衆の米国財界人らから喝采を受けている。シャフィクは「革命を継承する」という選挙公約と裏腹に、ムバラクの独裁を倒した昨年来の革命に真っ向から反対している。エジプト軍はこっそり彼を支持しているとされ、内務省が軍人に9万枚のIDカードを発給し、軍人がシャフィクに投票できるようにしたという話も出ている。


2013年4月2日火曜日
外貨準備高が“危機的水準”にあるエジプトに狙いを定めるIMFと多国籍企業。
http://surouninja.blogspot.jp/2013/04/imf.html
此の国は人口が順調に伸びている上に、35歳以下の若年層が非常に多く、労働力供給過剰状態(高失業率)であるため、安価な労働力を求める多国籍企業にとっては余りにも美味しい市場だからである。

「ムルシ政権崩壊後、エジプトは再び親米国家へと回帰し、其れと同時に自由主義的政策が次々と実施され、大挙して押しかけてきた多国籍企業が見せ掛けの景気を浮揚させる」という脚本が既に用意されているんじゃないかね。






エジプト軍は初めから反ムルシだから(プ