相互RSS

2014年4月4日金曜日

米GMリコール問題:トヨタに放ったブーメランが直撃するオバマ。

http://surouninja.blogspot.jp/2014/04/obama-boomerang-to-hit-himself-by-gm-recall-problem.html
2009年から2010年にかけて米国で発生したトヨタ自動車の大量リコール問題で、同社は先月(2014年3月)、米司法省に12億ドル(約1200億円)という過去最高額となる制裁金を支払うことで和解し、4年間に渡る刑事捜査が終結したばかりだが、今度は米GM社が10年以上に渡ってリコール隠しを行っていた疑いがここに来て浮上して来たようである。

GM、150万台追加リコール、計650万台に 「心からおわび」CEOが公聴会で陳謝へ

2014.4.1 10:33
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140401/biz14040110350027-n1.htm

 【ワシントン=柿内公輔】米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は3月31日、北米を中心に約150万8400台を新たにリコール(回収・無償修理)すると発表した。GMが2月から発表したリコールは延べ約650万台に達した。米下院はこの問題で公聴会を4月1日に開く予定で、GMのバーラ最高経営責任者(CEO)は事前に公表された証言テキストで改めて陳謝したが、批判が増す恐れもある。

米GM社は、オバマ米民主党政権が野党・共和党の反対を押し切って膨大な血税を投入し、無理やり延命した、いわゆる“ゾンビ企業”である。その背後には、米民主党の強力な支持基盤である労働組合の存在が在ったことは言うまでもない。

TPP交渉においても、米自動車業界(というか労組)を慮るオバマ米民主党政権が、自らの主張する品目の関税撤廃を日本に要求する一方で、日本車の自動車関税の撤廃は保留するという、不公平なやり方で交渉を停滞させている。日本車の関税が撤廃されなければ、日本が他の品目でも譲歩できないのを承知の上でやっていることは容易に想像がつくわけである。

参考:
2014年2月24日月曜日
米民主党:TPP交渉における最大の障害。

まぁ日本叩き(日本車叩き)は“親中・反日”の米民主党のお家芸いみたいなものだが、今回トヨタに過去最高額となる制裁金を課しておきながら、一方のGMにはお咎め無しとなれば、流石に国内外の批判は避けられないところであろう。それにより、GMを "Government Moters" と揶揄してきた、米共和党のオバマ批判も勢いを増すだろう。

かと言って、ここで再びGMを破綻させてしまうようなことになれば、血税を投入させられた米国民の堪忍袋の緒も切れるというものである。

どうやらこの問題はオバマ政権の致命傷となりそうな雰囲気である。今年11月の米中間選挙で米民主党が敗北する要因がまたひとつ増えてしまったようである。

皆様のご支援を

当ブログではAmazonギフト券でのご支援を受け付けております。
皆様からのご支援が記事のクオリティを維持するモチベーションとなります。
金額はいくらでも結構ですのでどうぞ宜しくお願い致します。
受取人のメールアドレスは surouninja@gmail.com とご指定ください。
匿名でのご支援も可能となっております。