2014年4月19日土曜日

リベラルの正体はただの人種差別主義者。

http://surouninja.blogspot.jp/2014/04/identity-of-the-liberal-is-just-a-racist.html
平和活動家の池田香代子女史がツイッター上で「あ べ し ね」や「くたばっちまえ アーベ」などとヘイトツイートを連発し、炎上しているようである。

「ソフィーの世界」翻訳者が「あ べ し ね」ツイートで炎上 反省口にした後も「くたばっちまえ アーベ」

2014年04月18日17時47分
http://news.livedoor.com/article/detail/8750942/

「ソフィーの世界」などの翻訳で知られるドイツ文学翻訳家の池田香代子さんが2014年4月15日、「あ べ し ね」という安倍晋三首相を批判するツイートを投稿した。

該当ツイートを削除した後も「くたばっちまえ アーベ」と投稿するなど、全く「ぶれない」姿勢を貫いている。平和運動家としても活動している池田さんの過激な発言には驚きの声が上がり、ツイッターには批判的な意見も数多く寄せられている。

池田香代子 - Wikipedia

政治活動

世界平和アピール七人委員会のひとりで社会運動家として知られている。

世界平和アピール七人委員会 - Wikipedia

2010年現在の7人の委員は、武者小路公秀・土山秀夫・大石芳野・辻井喬・池田香代子・小沼通二・池内了となっている。

武者小路公秀 - Wikipedia

人物

藤原北家の支流・閑院流の末裔で元貴族院議員、駐独大使を務めた武者小路公共の三男としてブリュッセルで生まれる。叔父は小説家の武者小路実篤。外祖父は伊東義五郎。武者小路実光は異母兄にあたる。外祖母の伊東満里子(フランス名マリ・ルイーズ・フラパース)はフランス海軍軍人テオドール・フラパースの娘であり、公秀自身はフランス人とのクオーター(4分の1混血者)である。

学習院大学政治経済学部卒業。上智大学、明治学院大学国際学部、フェリス女学院大学、中部大学で教鞭を取る。国連大学副学長、反差別国際運動日本委員会理事長、主体思想国際研究所理事、ニューメディア人権機構(人権情報ネットワーク ふらっと)理事長、ピースおおさか初代館長、アジア・太平洋人権情報センター会長、世界平和アピール七人委員会委員、財団法人朝鮮奨学会評議員を務める。中部ESD拠点推進会議顧問。

徹底した反米、反体制、反権力主義者。人権擁護法案の推進者の一人であり、同法案の草案をつくった人権フォーラム21の代表で推進派の部落解放同盟との関係も深い。また主体思想国際研究所理事や、坂本義和と共に朝鮮労働党と日本共産党の関係改善の斡旋役を務めるなど、北朝鮮側が日本で最も信頼する進歩的文化人の一人である。

尚、旧ソ連と第三世界に担がれて世界政治学会(IPSA)会長になったこと、国連大学副学長時代には意図的にKGBのエージェントを国連大学に迎え入れたことを認めている。

アメリカ同時多発テロ事件後は、「イスラーム世界と日本とは、共通の西欧近代の超克という課題をもっている」として、「西欧中心の「オリエンタリズム」的現実を、一日も早く清算する必要がある」、「私たち日本人は、日本が「イスラーム」と一緒に非文明の側に分類されているという基本的な事実を忘れてはいけない」と主張し、「かつての日本の「カミカゼ=特攻精神」と今回のイスラーム「原理主義」テロリストに、共通するひとつの心情がある」と、テロへの共感を示した

カトリック教徒であり、カトリック正義と平和協議会などが主催する講演会でも、しばしば講演している。参議院議員の猪口邦子は教え子である。

これが“リベラル”の正体である。

彼らは安倍首相をファシストだと批判する。だが、神風特攻や自爆テロという全体主義的行動を賞賛する、彼らこそが真のファシストであることは論を俟たない。彼らリベラルの政治思想は、規制や増税で大きな政府を志向し、国民の自由と権利を奪うことを由(よし)としている。弱者救済や反戦平和を大義名分に国民の自由を奪い、政府を巨大化させたいのである。日本の皆保険制度や町内会、米国リベラル代表のオバマ大統領による“オバマケア”なんかもその一種である。

彼らの訴える“差別反対”運動なども、所詮は、“逆差別”を生み出して日本国民から富を収奪する目的でしか無いのである。

また、リベラルの代名詞とも謂える法曹界だが、あの業界もまたこのような反日勢力に乗っ取られてしまっている可能性が高い。それは、全弁護士が自動的に入会することになっている、「日弁連」の主張を見れば一目瞭然である。反日弁護士を味方につければ、生活保護の不正受給などお手の物であろう。

参考:
2013年12月2日月曜日
日弁連:特定秘密保護法案の成立阻止に必死。

逮捕された反ヘイト団体元代表が日米ハーフの日本人に対してヘイト発言をしていた?

2014年04月17日08時00分
http://news.livedoor.com/article/detail/8744407/

4月15日、反ヘイト団体「友だち守る団」の元代表で、韓国籍の林啓一容疑者(52)が、生活保護費不正受給の疑いで大阪府警に逮捕された。

ネット上では凛七星(@geillrim)の名で反ヘイト活動をしていた林容疑者だが、過去に『Twitter』で林容疑者に差別発言をされたと訴える人が現れ、その発言内容が問題視されているようだ。
「アンチレイシズム」の看板を掲げているものの、その実態は「在日特権を守る在日の会」なのかもしれない。



なお、生活保護不正受給容疑で逮捕された上のレイシストは、民主党の有田芳生議員とも繋がりがあったようである。



日本もまた米国と同様に、自称リベラルの反日・反米英主義の共産主義勢力に蹂躙されているのである。

日本を当たり前の先進国にするためには、まずは政治中枢からこのようなテロリスト予備軍を排除する必要がある。公務員のスパイ行為を阻止する効果を狙った「特定秘密保護法」は、やはり確実に成立させる必要があったのである。国家公務員の立場から反日行動を行う連中の危険性は、何にでも反対を叫んで購読料を稼ぐだけの反日マスコミの比ではない。

関連:
2014年4月13日日曜日
反日から抜け出したくても抜け出せない人々。
2014年4月11日金曜日
「内閣人事局」新設で反日官僚を排除できるか。
2014年4月1日火曜日
シーシェパード:反日のための捕鯨反対。
2014年3月28日金曜日
米民主党:リーランド・イー上院議員逮捕で剥がれた化けの皮。
2013年12月31日火曜日
特定秘密保護法に怯える特定クラスタ。
2013年12月7日土曜日
特定秘密保護法案:反対派一覧から仄見える物。
2013年12月5日木曜日
革労協:特定秘密保護法案成立にファビョる反日セクト。

皆様のご支援を

当ブログではAmazonギフト券でのご支援を受け付けております。
皆様からのご支援が記事のクオリティを維持するモチベーションとなります。
金額はいくらでも結構ですのでどうぞ宜しくお願い致します。
受取人のメールアドレスは surouninja@gmail.com とご指定ください。
匿名でのご支援も可能となっております。