相互RSS

2014年2月3日月曜日

北九州沖で不審死した内閣府職員と特定秘密保護法案。

http://surouninja.blogspot.jp/2014/02/the-cabinet-office-official-who-died-might-have-became-a-double-agent-because-of-secret-protection-law.html
米国留学中で韓国に渡航していた内閣府職員(30)が先月(2014年1月)、北九州市沖で遺体で発見されるという不可思議な事件が発生している。

<内閣府職員>韓国に先月渡航、出国記録なし…遺体発見

毎日新聞 2月1日(土)23時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140201-00000083-mai-soci

北九州市若松区沖の響灘で1月にゴムボートが転覆し、遺体で見つかった内閣府のキャリアの男性職員(30)は、留学先の米国から1月上旬に韓国へ渡航していたことが、内閣府などへの取材で分かった。韓国からの出国記録はなく、発見時には韓国製の服を着ており、多数のウォン紙幣も所持していたという。

内閣府などによると、男性職員は内閣府のシンクタンク「経済社会総合研究所」に在籍しており、昨年7月からミネソタ大学大学院で研究していた。「1月に韓国である会議に出席する」と報告があり、公務として認めたという。

この職員は昨年7月(2013年7月)から米ミネソタ大学大学院に留学していたようだが、先月21日(2014年1月21日)に韓国で開催された、「南北統一国際会議」に出席するために訪韓していたようである。ちなみに、この国際会議では安倍政権が批判の的となっていたようである。

最大の障害は「安倍日本」南北統一に関する国際会議
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/01/22/2014012201305.html

ブルッキングス・韓国戦略研究所が南北統一に関する国際会議
「統一に対する国際社会からの支持確保を」
「靖国神社参拝は大きな読み違い」
「日本は周辺国の憂慮を払拭させる措置を今すぐ取るべき」

21日に開催された統一国際カンファレンス(会議)の出席者らは、北朝鮮に行動を変えさせるためには周辺国の協力が絶対に必要であるとの点で一致した。北朝鮮の核問題を解決するためには韓国、米国、中国、日本の対話ルートを確保すべきとの見解も示された。とりわけ日本に関しては「歴史認識問題などで周辺国が抱く憂慮を解消すべき」との意見が多かった。

さて、この職員がわざわざ船外機付きゴムボートを韓国で購入して、秘密裏に日本に帰国する必要があったのは、恐らく、半島の反日勢力(韓国政府?)に自分の行動をトレースされることを避けたかったためではないかと思われる。この職員は元々は韓国側のスパイだったのではないかと予想されるが、安倍政権が特定秘密保護法案を成立させたために二重スパイ状態にならざるを得なかったのではないかと推測される。それを知った反日勢力は、彼の口を封じるために彼を葬り去ったのではないだろうか。

【週刊金曜日】佐藤優「外務省職員には帰化した在日韓国・朝鮮人が多数、特定秘密保護法案は彼らを切り捨てる人種条項」★3[12/04]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1386174745/

1 :帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2013/12/05(木) 01:32:25.32 ID:???
特定秘密保護法案 徹底批判(佐藤優×福島みずほ)その2

(前略)
佐藤  それから、外務公務員法にはかつて外国人条項があったんです。機関によっても違いますが、
最後の頃は〈配偶者が外国人である場合、二年以内に日本国籍を取得できない配偶者、
もしくは外国籍を放棄しない場合においては自動的に身分を失う〉という条項があった。
今はその身分条項はなくなっているわけです。

福島 はい、そうですね。

佐藤 いまの日本の政治体制からすると、中国人や韓国人、ロシア人、イラン人などと結婚している外務省員は
全員、特定秘密保護法案が定める適性評価に引っかかりますよね。適性評価では、
評価対象者の家族及び同居人の氏名、生年月日、国籍を調べることになっていますから。
しかも、配偶者には事実婚が含まれます。

外務省で秘密を扱っていない部局は、文化交流部とか外務報道官組織とか、そのぐらいのところですよ。
どこの部局に行っても、必ず秘密が出てくる。アフリカでもテロの話が出てくる。
そうすると外務省のなかにおいて、中国人や韓国人、ロシア人、イラン人などと結婚している人たちはもう将来の出世が閉ざされる。

福島 かつては、外国人の配偶者では大使になれないとなっていました。でも最近は、妻が外国人だっていう大使は増えていますよね。

佐藤 ええ。それに昔は配偶者の国には赴任させなかった。たとえばお連れ合いさんがドイツ人の場合は
ドイツには絶対に赴任させなかった。ある意味、そこが一番人脈もあるわけなのに、
ものすごく硬直した戦前の体制みたいなものが残っていました。それがなくなったのはいいことだったと思うんですよ。

ところが今度の特定秘密保護法案で逆行する流れになる。事実上、外務省では外国人と結婚すると出世できないってことになります。

福島 大使ですら配偶者が外国人ではダメだとなっていたのをやめたのに、
今回の特定秘密保護法案は多くの公務員の「配偶者や家族が外国人かどうか」を調べる。
外国人ではダメだとはなっていないけれど、実際は、特定の国の人と結婚している人はバツですよ。

佐藤 私の知っている外務省の職員でも、日本国籍を取得した人がいます。もともと韓国籍だったとかね。
親が在日韓国人、在日朝鮮人で日本国籍を取得した人は何人もいますよ。そういう人たちはどうなるのか。
こういう人たちの力をきちんと活用しないのか。ようするに公務員というのは日本国民と日本国家に対して忠誠を誓っている人。
そういう人が公務員として受け入れられるのに、特定秘密保護法案は、一種の人種条項みたいな使われ方になりますよね。

福島 はっきりとした人種条項ですね。

佐藤 ユダヤ人から公民権を奪った
ナチスの「ニュルンベルグ法」(「帝国市民法」と「ドイツ人の血と名誉を守るための法律」)の現代版じゃないかと思うんですよ。
それなのに、この人種差別条項に対して議論が起きない。
議論を徹底的に尽くすということすらしないで、勢いで通しちゃうのはよくない。
これは権力の弱さですよ。こういうことは弱い権力がやることなんです。

海外工作組織が跋扈しているのは、どうやら内閣府だけでも無さそうである。中央官庁にはこの手の連中がワンサカ居るのだろう。

今回の事件を見るに、特定秘密保護法案の成立にグローバリスト勢力(大陸派、シオニスト、共産主義者)がファビョっていたのも頷けるというものである。

内閣府職員変死事件、海上保安本部「死因は明らかにできない」 ゴムボートにはハングル文字

2014年02月01日23:00
http://www.kimasoku.com/archives/7527624.html
70:名無しさん@13周年:2014/02/01(土) 21:05:18.26 ID:l5Mod9q20
なんでソースがTBSとか朝日とかなんだろう
167:名無しさん@13周年:2014/02/01(土) 21:12:20.67 ID:l5Mod9q20
>>143
この手のニュースは産経あたりが飛びつきそうなんだけど
やけに静かだよなぁ

朴槿惠はKCIAに内閣府職員を始末するよう命じましたか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11120389426

2014/2/2 09:50:01
sawayaka_san_neoさん

朴槿惠はKCIAに内閣府職員を始末するよう命じましたか?
2014/2/2 10:49:34
umidojyouさん

小説的な空想ですが、

この者は安倍内閣の使命を受けて会議出席を建前に工作のために韓国に渡ったが、実際には韓国側のスパイでもある二重スパイであった。
韓国政府の船で北九州沿岸まで送られて、朴政権の命令で母国である日本に密入国、秘密裏に日本国内の同僚と接触、何らかの工作をする使命をおびていたが、日本政府側に二重スパイであることを知られたために韓国政府は殺すことにした。ボートに乗る前に渡された飲み物に毒が仕掛けられてあって、それを知らずに飲んだために毒殺された。
日本政府は帰国させて事実を本人に確認後、処分するつもりでいたが、その矢先に行方不明になり捜していた。
死体で発見されたが、海保から報告を受けた官邸は、報道発表の仕方を検討していたために、遺体発見から10日あまり経った31日に発表となった。

個人的には、上記の推理が正解なのではないかと思っている。

関連1:
2013年12月31日火曜日
特定秘密保護法に怯える特定クラスタ。

関連2:
2013年12月7日土曜日
特定秘密保護法案:反対派一覧から仄見える物。

関連3:
2013年12月5日木曜日
革労協:特定秘密保護法案成立にファビョる反日セクト。

関連4:
2013年12月2日月曜日
日弁連:特定秘密保護法案の成立阻止に必死。

関連5:
2013年9月15日日曜日
藤原紀香の「特定秘密保護法案」批判から仄見えるグローバリスト達の焦り。

皆様のご支援を

当ブログではAmazonギフト券でのご支援を受け付けております。
皆様からのご支援が記事のクオリティを維持するモチベーションとなります。
金額はいくらでも結構ですのでどうぞ宜しくお願い致します。
受取人のメールアドレスは surouninja@gmail.com とご指定ください。
匿名でのご支援も可能となっております。