2014年1月27日月曜日

オバマ政権:日本に兵器級プルトニウム返還を要求。

http://surouninja.blogspot.jp/2014/01/obama-asks-japan-to-return-pu239-transferred-by-us-in-the-cold-war.html
核セキュリティ」を重視するオバマ政権が日本に対し、冷戦時代に米国から日本に研究用として提供された兵器級プルトニウム300Kgの返還を求めているとのことである。

研究用プルトニウム300キロ 米、日本に返還要求

2014年1月27日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014012702000135.html

 核物質や原子力施設を防護・保全する「核セキュリティー」を重視するオバマ米政権が日本政府に対し、冷戦時代に米国などが研究用として日本に提供した核物質プルトニウムの返還を求めていることが分かった。複数の日米両政府関係者が明らかにした。

 このプルトニウムは茨城県東海村の高速炉臨界実験装置(FCA)で使う核燃料用の約三百キロ。高濃度で軍事利用に適した「兵器級プルトニウム」が大半を占め、単純計算で核兵器四十~五十発分に相当する。
 オバマ政権は核テロ阻止の観点から、兵器転用可能な核物質量の「最少化」を提唱。二〇一〇年に初の核安保サミットを主宰した前後から、東海村にある日本原子力研究開発機構のFCA用のプルトニウム三百三十一キロ(うち核分裂性は二百九十三キロ)を問題視し、日本に返還を求めてきた。
文部科学省などはこれまで「研究に必要。他では取れない良いデータが取れる」と主張。日本は原発の使用済み核燃料の再処理によって他にも約四十四トンのプルトニウムを保有するが、「研究用のものと比べ不純物が多く、高速炉研究には使えない」(日本の政府系専門家)という。

一度提供したものを今更返せというのは如何なものかと思うが、まぁこれは恐らくオバマ政権によるアリバイ作りであろう。それは言うまでもなく、極東有事(日中衝突)の際に米国が関与していることを否定するためのアリバイ作りである。極東がきな臭くなっている今のタイミングで日本に返還を要求してくる背景には、親中共なオバマ民主党政権の狡猾な思惑が隠れていると見て良いだろう。

ここで日本が兵器級プルトニウムを返還すれば、日本を丸腰と見た中国軍は更に過激な軍事行動に出る虞れ(おそれ)が高まる。既に中国軍に乗っ取られたと思しき習近平政権は、その軍の暴走を最早コントロールできないだろう。(参考:中国:習近平は軍部のお飾りか。2014年1月17日金曜日)

確かに、日本がプルトニウムを返還して核武装を完全放棄し、米軍の核の傘に完全に身を委ねてしまうのも一つの手ではある。しかし、今の米国大統領は親中共のオバマであり、いつ何時アジア太平洋地域での軍縮をも喚き出すか分からない現状では、日本としてもそう簡単には「はい分かりました」とは言えまい。

日本の核武装を提言する米共和党と、その一方で中共のために日本の弱体化を企む米民主党。今回のオバマ政権からの要求は、後者の米民主党の外交スタンスを見事に露わしている。以前から述べている通り、米民主党が政権を握ることは、歴史的に見ても日本の国益にはならないのである。

まぁどうであれ、日本としては、エネルギーと安全保障の両面から原発と高速増殖炉を一刻も早く再稼働させるべきだろう。兵器級プルトニウム(Pu239)の精製は時間との戦いである。「時は金なり」という諺が在るが、「時はPu239なり」なのである。(参考:再処理工場と高速増殖炉は近い将来稼働するだろう。2013年11月27日水曜日)

もんじゅ - Wikipeida

普通の原子力発電所に用いられる軽水炉のプルトニウム燃料は240Puなどの239Pu以外の同位体の割合が高いために原子爆弾の材料とするのは難しいが、高速増殖炉では239Puの比率が非常に高い兵器転用が可能なプルトニウムが生産される。これまでに、239Pu同位体純度97.5%のプルトニウムを62kg生産している。

オバマ主導によるダブルスタンダードな「核セキュリティ」には現実味が乏しく、恐らくこのまま空中分解すると見ている。そんな会合になんぞ日本はこれ以上深入りすべきではあるまい。

皆様のご支援を

当ブログではAmazonギフト券でのご支援を受け付けております。
皆様からのご支援が記事のクオリティを維持するモチベーションとなります。
金額はいくらでも結構ですのでどうぞ宜しくお願い致します。
受取人のメールアドレスは surouninja@gmail.com とご指定ください。
匿名でのご支援も可能となっております。