相互RSS

2013年6月7日金曜日

尖閣諸島が日本へ返還される直前に米ホワイトハウスで行われた議論の録音記録が新たに見つかったとのことだが。

http://surouninja.blogspot.jp/2013/06/blog-post_7.html
NHKによると、尖閣諸島が米国から日本に返還される直前にホワイトハウスで交わされていた議論の録音記録が新たに見つかったとのことである。

其れに拠ると、当時のピーターソン大統領補佐官が、米国が正当な中国政府として認めていた台湾との貿易交渉(主に安い繊維製品が米国へ流入することを阻止)に配慮し、日本への尖閣返還に反対する意見を表明していた一方で、当時のヘンリー・キッシンジャー大統領補佐官(安全保障担当)は日本へ返還すべきだと反論していたとのことである。



6月7日 4時31分
尖閣諸島の日本返還巡る米の録音記録 - NHK
当時、アメリカが中国の正統政府として外交関係を持っていた台湾の存在です。アメリカは、台湾からの安い繊維製品の流入を食い止めようと、当時、輸出削減を求める貿易交渉を行っていました。その台湾が、尖閣諸島を日本に返還しないよう求めていたのです。
補佐官は台湾を念頭に置いて、「大統領、繊維問題を解決するのは日本ではない、その周辺の国だ」と述べ、台湾の要求を受け入れれば、貿易交渉が進むと進言しました。これに反論したのが、安全保障担当のキッシンジャー補佐官で、「尖閣諸島は日本に返されるべきものだ。返還しなければ日本が自分のものだと思っている島を、繊維を巡る交渉をまとめるために台湾に与えるように見られてしまう」と述べます。さらに、尖閣諸島を含めた沖縄をアメリカの統治下に置くことを決めた1951年のサンフランシスコ平和条約に触れ、「条約に関して具体的な境界線を宣言したとき、われわれは尖閣諸島を含めたが、それに対し異議は出なかった。その時点で話に決着はついている」と述べ、最終的にニクソン大統領も、この意見を取り入れました。

現時点では此れを報じているのがNHKのみの様だが、此の情報は既に昨年10月(2012年10月)の時点でテレビ朝日の「報道ステーション」で“極秘資料”として報じられていた様である。

2012年10月 7日 (日)
米 “極秘資料”に見る尖閣 固有の領土…知られざる“暗闘” (キッシンジャー・ニクソン・ピーターソン) 【報道STATION SUNDAY】 - テレビにだまされないぞぉ
テレビ朝日【報道STATION SUNDAY】で、

米 “極秘資料”に見る尖閣 固有の領土…知られざる“暗闘” というのをやっていたんですが、

テレビ朝日がアメリカで独自に入手した音声記録ということだったのでVTR部分を記録しました
1971年6月17日に調印された"沖縄返還協定"。尖閣諸島についても自国の行政などが及ぶ施政権の返還が決まった。

しかし、実はこのわずか10日前、アメリカの政権中枢で"尖閣諸島を日本に返さない"という選択肢が浮上していた。

キッシンジャー氏「沖縄返還交渉が台無しになってしまいますよ」(大統領補佐官 当時)

ニクソン大統領「それはダメだ。」
キッシンジャー氏「1945年に台湾は返されたが尖閣諸島は沖縄に留まった。」
キッシンジャー補佐官の電話記録によれば、日本に返還すべきでないと食い下がるピーターソン補佐官に対し、大統領は「shut up(黙れ)」と声を荒げたと言う。


毎日新聞 2013年06月07日 08時02分
尖閣:台湾総統が日中台3者対話を提案
 台湾の馬英九総統は6日、台北の総統府で共同通信の単独インタビューに応じ「東シナ海を平和と協力の海にしたい」と述べ、沖縄県・尖閣諸島の領有権をめぐり日本、中国、台湾が争いを棚上げし、漁業や資源開発について3者対話を実施するよう提案した。

中国のTPP交渉参加検討のニュースを見ても分かる通り、国連での四面楚歌と中国包囲網によって中国は今正に追い込まれているのである。其のため中国は、“TPP”のみならず、“尖閣問題”でも妥協せざるを得ない状況にあると謂えよう。

中国は今後、尖閣問題において大幅な譲歩を要求されることとなるだろう。

尚、習近平国家主権は本日(2013年6月7日)から二日間、米カリフォルニア州でオバマ大統領と米中首脳会談を行う予定となっている。其れを踏まえると、今回のホワイトハウスでのやり取りの“蒸し返し”が、米国側からの仕掛けであることは想像に難しくない。恐らく米中首脳会談での交渉を有利に進めたい米国が“改めて”リークしたのだろう。

米国が台湾のTPP参加支持要請を“お預け”状態にしているのも(参考)、恐らくは中国に対する“猶予”の心算なんじゃないかな。





2013年5月23日木曜日
先月(2013年4月28日)の訪露の際、安倍首相が“2対2フォーマット”での定例会議開催をロシアに提案した様だね。
http://surouninja.blogspot.jp/2013/05/201342822.html
中国は世界が容認した“人民元安”で世界トップレベルの経済力を手に入れたわけだが、其れでも未だ中国人民の自由は制限され、香港や上海などの市民権を持てない大多数は貧困生活を強いられている。にも拘わらず、中国共産党は軍事力を年々増強し、中共幹部や一部の富裕層は手前等の資産や家族だけはせっせと海外に逃避させている。

此の泥船状態の為体(ていたらく)でも今尚、中国は国連常任理事国として世界的影響力を維持しているのである。




2013年6月5日水曜日
野中広務による尖閣棚上げ発言。中国包囲網が完成に近付く中、絶妙なタイミングで中国共産党をアシスト。
http://surouninja.blogspot.jp/2013/06/blog-post_5.html

2013年6月3日月曜日
中国人民解放軍No.2がアジア安全保障会議で沖縄・尖閣問題を「棚上げ」状態に戻すべきとの見解。
http://surouninja.blogspot.jp/2013/06/no2.html

2013年5月31日金曜日
中国がTPP交渉参加を検討する様だが。
http://surouninja.blogspot.jp/2013/05/tpp.html

2012年5月16日水曜日
沖縄本土復帰記念式典に出席した鳩山由紀夫・元首相に直接苦言を呈する野中広務。
http://surouninja.blogspot.jp/2012/05/blog-post_16.html

皆様のご支援を

当ブログではAmazonギフト券でのご支援を受け付けております。
皆様からのご支援が記事のクオリティを維持するモチベーションとなります。
金額はいくらでも結構ですのでどうぞ宜しくお願い致します。
受取人のメールアドレスは surouninja@gmail.com とご指定ください。
匿名でのご支援も可能となっております。