2013年5月8日水曜日

内紛が続くシリアでインターネットと携帯電話回線が遮断された様だが。

http://surouninja.blogspot.jp/2013/05/blog-post_6985.html
内紛が続くシリアで本日(2013年5月8日午前3時45分:日本時間)、インターネットと携帯電話回線が遮断されたとのことである。



CNN.co.jp 5月8日(水)11時44分配信
シリアでインターネット接続不能に
(CNN) 米検索大手グーグルなどによると、内戦の続くシリアで現地時間の7日夜から、インターネットが接続不能となっている。

グーグルは、シリアからのアクセスが現地時間午後9時45分(日本時間8日午前3時45分)以降、遮断されたと報告。
昨年11月に同様の事態が起きた後、米国のフォード駐シリア大使はCNNとのインタビューで、シリア政府は過去にもネットを遮断したことがあると指摘。「政府はイランの助けにより、ネットを使って反体制派活動家を監視、追跡してきた。我々が反体制派を支援する際に通信装置を特に重視するのはこのためだ」と訴えていた。

8.05.2013, 07:44
シリア インターネット及び携帯電話不通 - ロシアの声
シリアの多くの地区で8日未明、インターネット及び国際電話の回線が不通となった。エジプトのメナ通信が、シリア電信電話局の責任者バクル氏の言葉として伝えた。
なおバクル氏は、ケーブルが切断された原因については、言及しなかった。

2012年4月5日木曜日
クリントン米国務長官がシリア反体制派に対する追加の支援措置として通信機器等の供与を表明。反体制派が要求する“武器支援”は拒否。
http://surouninja.blogspot.jp/2012/04/blog-post_1854.html

インターネットが政治に及ぼす影響力が強くなった今、国家の横暴から国民生活を守るには既存のインターネットの仕組みを改善する必要があろう。

考えられる改善方法としては、国家管轄外のインターネットのオルタナティブを新規に構築するか、世界機関(国連等)によってインターネットを一元管理させるかの何方かになるだろうね。

日本を含む世界の君主制国家がネットの言論統制に前のめりになっている昨今、世界の民主主義を守るためには国連を中心とした迅速な対応が肝要である。

gojimufan

シリア政府がプロバイダに遮断命令を出したのか?  シリアでインターネット接続不能に http://t.co/AaTZvXeSTk @cnn_co_jpさんから

2013年5月8日 12:49:45

kinachocola

RT @nofrills: シリアのインターネット遮断の瞬間。トラフィックが急にゼロになっているので、グラフが断崖絶壁状態。 http://t.co/x2IdNCY2Vx via JenanMoussa

2013年5月8日 12:49:19


gingersoymilk

RT @MiyamaeYukari: シリア全土のインターネットが消滅したらしい。国際的プロバイダー4社すべてがダメらしい。。。キルスイッチみたいなものなんだろうか。どんな仕組みなのか、どなたか説明してくださいな。怖いなあ。こういうことができるんだったら、地球上の情報操作なんて今後とても簡単になっちゃうんじゃないか。

2013年5月8日 12:48:22


矢張りシリア情勢は佳境に入ったということだな。

此れで米国としても“民主主義を守るため”というシリア介入の大義名分が立ったわけである。


2013年5月8日水曜日
ケリー米国務長官がモスクワでプーチン大統領と会談。シリア・アサド政権崩壊後の青写真を共有か。
http://surouninja.blogspot.jp/2013/05/blog-post_8.html